読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クロスバイクとMTBで自転車操業的自転車生活

40代後半で中古のクロスバイク、2008年製 TREK SOHO 1.0を買った中年オヤジの慎ましい自転車ライフ

チェーン交換番外編 ブレーキのシャリンシャリン解消

スポンサーリンク

こんばんは。

昨日のタイヤ取り付け後に発生した、リヤブレーキとパッドの接触によるシャリンシャリン現象。
まあ良いかと思ってましたが、自転車乗ってる時の音って結構気になるものです。
チェーンがフロントディレイラーのガイドに擦る音とか。
1度気になり出すと、気になって気になってしょうが無いです。
と言うわけで、なんとかシャリンシャリンを解消出来ないかと思って後ろのハブの辺りを眺めていたら、

「あれ?スプロケトップギアとガイドプーリーの位置が合ってない!」

これは直したした後の写真です。
f:id:kajimo_hkd:20160404232516j:plain:w400
逆さまにしたクロスバイクを上から取った写真です。
直した後なのでプーリーとトップのギアが真っ直ぐになっていますが、ブレーキが擦っていたときは、トップのギアが赤い線より下になっていました。

と言う事はホイール全体が上の写真で言うと下側にずれていると言う事です。
だから、ブレーキが車体外側のパッドに接触していたんですね。

しかし、ずれる理由って…。

あっ!

昨日、後ろのハブの玉押しをやり直した時、ハブのシャフトを反対側から入れちゃいました。
kajimo.hatenablog.com

一番最初にシャフトを抜いた時、ディスクブレーキ側のナットを外して、フリーボディ側からシャフトを抜きました。
そして、グリスを減らして玉押し調整をやり直した時に、シャフトをブレーキ側から入れてしまったんです。
当然、フレームにはめられなくて、もう一度シャフトを抜いて玉押し調整をやり直しました。
その時、この前にブレーキ側からシャフトを入れているので、本当ならフリーボディ側のナットを外さないと行けないのに、いつも通りブレーキ側からナットを外したので、玉押しが左右逆になってしまったんですね。
説明がわかりにくいですが(^^;)

スポンサードリンク




左右の玉押しは微妙に幅が違うので、ディスクの位置がずれてしまったようです。
シャフトとナットをバラバラにして左右逆(正しい位置)にしたら、全然シャリンシャリン音が鳴らなくなりました(^^)

が!




今度は、スプロケがタイヤと一緒に回っちゃうんですよ(T_T)




自転車を逆さまにして、スプロケ前進方向に回してやると、タイヤが回ります。当たり前ですが(笑)
でもタイヤを前進方向に回すとスプロケは止まってないとダメですよね?
チキチキチキチキって音だけが聞こえてて欲しいです。
じゃないと、自転車を押して歩いた時にクランクも回ってしまいます。

だけど、クランクが回ったり、回らなかったりするんですよ~~~(T_T)

チェーン付けてクランクも付けたら、抵抗で止まってくれるかなとも思ったんですが、全部組み立てた後にダメだったら目も当てられないので、おとなしくもう一回バラし、グリスを塗り直して玉押し調整をやり直しました((;゜д゜)
本日2回目です。

幸いな事に、調整後はゆ~~っくりタイヤを回しても、チキチキチキチキ音だけ聞こえてスプロケは微動だにしなくなりました(^^)
めでたしめでたし。

でも、ちゃんと走るようになるのか、ちょっと心配になってきています(^^;)

と言うわけで、本日もTREK SOHO1.0は昨日と同じ状態のままでした。
f:id:kajimo_hkd:20160405000719j:plain:w400


追記
投稿した後に気付いたんですが、この投稿が100記事目でした。
パッとしない節目の投稿でしたね(笑)




にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村