読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クロスバイクとMTBで自転車操業的自転車生活

40代後半で中古のクロスバイク、2008年製 TREK SOHO 1.0を買った中年オヤジの慎ましい自転車ライフ

小樽へ

スポンサーリンク

こんにちは。

今日は天気も良く、気持ちの良い朝だったので

先週から密かに行こうと思っていた小樽へ行きました。

往復でだいたい50km。

距離的には前回の石狩よりも10km程増えたくらいです。

 

多少登り下りがありますが、峠越えと言うほどでも無いので大丈夫でしょう(^^)

昨日のミラーもどんなもんか、楽しみです。

 

今日に限って部活がお休みの高校生の次男が、一緒に行きたいと言うので、物置から古いMTBを引っ張り出してきて2台で行くことにします。

 

ヘルメットが一つしか無いので、息子に被せて父はノーヘルで我慢です。

父なら死んでも少しは保険も出るし。

 

息子が乗りたいの言うのでsoho号に乗せて、途中で交換しながら行こうと言うことで出発です。

 

国道337号線を小樽方面へ向かい脇道に入って銭函駅で早速小休止。

f:id:kajimo_hkd:20150806202706j:plain

当たり前ですが、クロスバイクって早いですね(^^)

MTBでは追いつきません。

 

その後、国道5号線に入って小樽を目指します。

張碓で緩やかですが長めの登り。

f:id:kajimo_hkd:20150806202740j:plain

登りになるとタイヤの大きさとギヤの関係か、MTBの方がペースが上がります(笑)

f:id:kajimo_hkd:20150806202759j:plain

途中、海がキレイに見えたので写真を撮ります。

反対車線からの方がキレイそうです(^^;)

自転車だと車では止まりづらい所でも気の向くままに止まって、

景色を見られるので楽しいですね。

 

登りゾーンが終わると、緩やかな下りが続きます。

f:id:kajimo_hkd:20150806202823j:plain

遠くに小樽の町並みが見えてきます。

 

5号線は交通量も多くスピードを出している車も多いので、

走るのには少し緊張します。

 

5号線と桜本通りの交差点を右折して、小樽港マリーナの方へ向かいます。

海を右手に見ながら、裕次郎記念館へ。

f:id:kajimo_hkd:20150806202841j:plain

ヨットのモニュメントの前で記念撮影。

 

コンビニでおにぎりお茶を買い、クルーザーを眺めながら朝食(^^)

海の上、クルーザーの中で朝食を食べたいものです!

 

朝食後、小樽運河をのーんびり走って帰路につきます。

f:id:kajimo_hkd:20150806202914j:plain

帰りは登りが多い気がしますが、急勾配では無いので急がなければ

そんなにキツくはありません。

 

ですが、やっぱり疲れるので2回ほど小休止(^^)

f:id:kajimo_hkd:20150806202937j:plain

車のパーキングで一休み。

 

ツールボトルを付けたことにより、ワイヤーロックがぶつかってしまうので、

シートポストに移動しました。

以前の位置はこちら↓

f:id:kajimo_hkd:20150705125950j:plain

以前の位置だと広がって膝の内側に接触していたのでちょうど良いです。

 

登っても登っても登りが続くので、2回目の小休止。

f:id:kajimo_hkd:20150806203027j:plain

天気が良いので海も綺麗。

 

張碓からは行きとは逆に下りが多くなるので、気持ちよく風を浴びながら

走れました。

 

途中、対向車線のロードバイクの方と会釈を交わしたりして、

楽しい気分で走れました。

サイクリングって良いですね~(^^)

何でもっと早くやってなかったんだろう(笑)

 

すれ違うのはやはりクロスバイクの方よりも、

ロードの方のほうが多かったですね。

ちょっとロードバイクにも興味が湧いています(^^;)

 

今回は小樽でウロウロ含めて約54km、

朝食含めてだいたい3時間近くのサイクリングでした。

が、

soho号に乗れたのは約5分!

後はずーっと息子に乗られっぱなし(T_T)

 

まあ、乗ってたら走ってる姿を見られ無いので、走行シーンを見ることが出来た

と言うことで良しとします。

 

気になっていたミラーですが、息子曰く

ほとんど意味ないよ!

 

ちゃんちゃん(^^;)

 

また行きたいと言うのでヘルメットもう1個買ってこないと…

 

 

kajimo.hatenablog.com